中学受験リアルストーリー

【第15話】Vクラスの洗礼 浜学園6年生 算数1.5倍の重み 

新6年生の授業が2月からスタートした。講習も増え、日々の予定をしっかり立てておかないと、宿題の漏れが出てきそうな状態だ。吾郎は社会を受講していない。社会を受講している家は多いが、どのように宿題等を回しているのかと不思議に思う。まだまだ時間の使い方が甘いのだろうかと思ってしまう。さて、まだまだ寒い2月。インフルエンザや風邪で小学校を休む子も多いと聞く。とにかく家族全員、体調を崩さないことを意識して、食生活を送る。我が家では、腸活として「納豆毎日一パック」食べることとして、この一年を体調を崩さず乗り越えたい。吾郎も「また、納豆~」と言うが、お構いなしに出す。
塾関連

浜学園 2024年から新設 最難関レベル特訓算数と日曜錬成特訓(実践講座)について

浜学園では学園長が新たに就任し、授業が再編されました。2024年2月から、新たに講座が追加されたのです。講座によって、受講資格がないと受けられないものもあります。特に算数では、より細かく講座が分かれました。今回は、我が家が取得した、新たに追加された最難関レベル算数と日曜錬成特訓(実践講座)について書いていきます。
中学受験リアルストーリー

【第14話】浜学園 6年生 Vクラスからのスタート

小学4年生から通う浜学園。吾郎が浜学園に通う最後の一年間がスタートした。5年生の時は、Hクラスからスタートしたが、5年生最後のクラス替えで初のVクラスへ。6年生をVクラスからスタートすることとなった。浜学園での教育相談の際「まずは復習テストでいい点を取ること」と言われている。とにかく復習テスト重視で挑んでいく。2月初旬のある日、浜学園での講義を終えた吾郎のリュックの中から塾からのプリントが入っていた。Vクラスでは算数が1.5倍として成績を算出するとの内容だ。「Vクラスは算数が1.5倍となる。」と噂では聞いていたが、実際にVクラスが始まる時に、浜学園から【Vクラスは1.5倍として成績を算出する】との通知がきたので、必然的に算数に力を入れて勉強をすることとなる。こうして入試に向けての一年間がスタートした。
中学受験リアルストーリー

【第13話】浜学園 SクラスからVクラスへ

11月の公開学力テストを偏差値58と過去最高だった吾郎。10月の公開学力テストで初めて取得した最高レベル特訓算数。冬休みを含めて徐々に過去に授業があった単元を確認した。1月、関西では中学入試最盛期であり、授業も休校となることもある。いよいよあと一年かと思いつつ、やはり、今受験を受けている子たちより我が子のことが気になる。そして1月の公開学力テスト。中学入試の裏で別の闘いが繰り広げる。
中学受験

浜学園 5年生  12月・1月の成績

こんにちは。僕の名前は「さかな」です。僕は、白血病と闘いながら、中学受験に挑みました。現在は、弟が浜学園に通いながら2025年の中学受験に向け、日々奮闘中です。今日は、定期的に配信している12月、そして年明け1月の弟の浜学園での成績を書きます。なお、弟は、4年生まで土曜コースで授業を受けていました。5年生が始まったと同時に通常授業で通い始めました。5年生当初は、SHSというSクラスとHクラスの間のクラスにいましたが、現在はSクラスです。
中学受験リアルストーリー

【第12話】冬休み中に猛追 最高レベル特訓算数

クリスマス前、吾郎が終業式を終え帰ってきた。「やっほー、冬休みー」くるくる回って踊りながら、喜びを表現する。その姿を見ながら、私は、ここから勝負だと言葉に出さず、心で強く思う。無事に最高レベル特訓算数を11月の公開学力テストで取得できた吾郎。今Sクラスだが、やはりVクラスに上がりたい。そのために考えたことは、「とにかく最高レベル特訓算数をやりまくる」だ。運がいいことに5年生の最初からの最高レベル特訓算数をWEB授業として受講できる。Vクラスの子はこれを一通り受けてきたはずだ。吾郎がVクラスの子に追いつくには、最高レベル特訓算数をマスターするしかないと考える。
塾関連

浜学園 最高レベル特訓算数 5年生 料金 時間割

浜学園の最高レベル特訓算数は、ある一定の成績(公開学力テスト600位以内)の成績を修めれば受講できる講義です。今回は、令和5年(2023年)に受講した、浜学園の最高レベル特訓算数(5年生)の料金及び時間割を紹介します。
中学受験リアルストーリー

【第11話】浜学園 公開学力テスト 予想外の結果

11月、浜学園で月に一回行われる公開学力テスト。ここで、初めて最高レベル特訓算数の権利を得た吾郎。すぐに授業に参加できると思いきや、12月からのスタートであった。さて12月に最高レベル特訓算数をスタートしたものの、1度や2度の授業を受けただけで、12月の公開学力テストがやってきた。
塾関連

浜学園 5年 10月11月の成績 

こんにちは。僕の名前は「さかな」です。僕は、白血病と闘いながら、中学受験に挑みました。現在は、弟が浜学園に通いながら2025年の中学受験に向け、日々奮闘中です。今日は、定期的に配信している10月11月の弟の浜学園での成績を書きます。今年も残すところひと月を切りました。現在6年生の方は最後の追い込みをしていることでしょう。弟はあと、一年後。がんばってほしいです。なお、弟は、4年生まで土曜コースで授業を受けていました。5年生が始まったと同時に通常授業で通い始めました。当初は、SHSというSクラスとHクラスの間のクラスにいましたが、現在はSクラスでがんばっています。
中学受験リアルストーリー

【第10話】最高レベル特訓算数 スタート

12月から最高レベル特訓算数に通うことになった吾郎。定期授業終わりにテキストをもらい、側にいた友達に「それ、最レやろ」と話しかけられる。同じクラスの周りの子は、最高レベル特訓にすでに通っている子が多く、最高レベル特訓を受けたことがない吾郎には、少し劣等感を感じていた。最高レベル特訓を受講することで、その劣等感も少しは晴れるかもと思っていたが、友達が心の奥底で「ようやくとれたのか、おそ」と思っているのではないかと、被害妄想が先に出てしまう。当然そのようなことを面と向かって言ってくる子もいなければ、そこまで一個人のことを気にもしていない。